​住宅の屋根壁の塗装

2021y01m26d_110256232.jpg

お住まいの塗装は見栄えを綺麗にすると言うだけではありません。

劣化した塗膜や外壁材の境目などにあるシーリングなどの防水能力がなくなり外壁のクラックや雨水の侵入による雨漏りなどが出てきます。

実際に雨漏りなどが発生した場合塗装する費用よりはるかに高い補修費用が必要になります。

定期的に塗装をすることで外壁材などが長持ちします。

塗装の目安

塗装のタイミングは築10年、それ以降10年置きが理想です。

外壁の塗装タイミングは以下のような症状がでてきます。

チョーキング

​ 外壁を手で触ると粉が手につく

塗膜の膨れや剥がれ

​ 防水性がなくなり水気を吸って 

 いる状態。

錆などが目立つ

​ 金具部分などが錆びたりし

​ ている。

色褪せ

​ 元の外壁の色より褪せた色合い 

 になる。

藻やコケの付着

​ 放っておくと外壁の傷みが

​ すすむ。

シーリングの劣化

​ シーリング材が弾力性を失い

 硬化している。

劣化を放置すると

クラックなど入る

​ 防水性を失った外壁材が水を吸 

 い膨張、乾燥し収縮を繰り返す

 とクラックが入るさらにそこか

 ら雨水などがはいると雨漏りの 

 原因になる。

シーリングの剥がれや断裂

​ 主にサイディング壁などではサ

 イディングの間にシーリング 

 を打っていますがその部分が硬

 化し縮み剥がれたり断裂した

 りします。そこから雨水が入る

 とサイディングに水を吸わせた

 り、雨漏りの原因になったりし  

 ます。

 雨漏りなどを起こし補修や営繕工事で塗装するより費用がかかるだけでなく主要な構造体に雨漏りなどでダメージが入れば物件としての価値が下がるだけでなく住宅寿命が短くなります。外壁などが割れたりなどで張り替えるとなると、2階建てサイディング壁で内側の傷み具合で幅はありますが150~350万円ほどかかります。

 塗膜が劣化して悪くなる前に塗装してあげることで住宅寿命を長くできます。

大切なお住まいだからこそ

おすすめしているGAINA

当社では塗装後の色のシミュレーションを無料見積の際ご希望があれば、致しております。

先々塗装の予定がある方や予定はないけど興味が

ある方​は是非ご連絡下さい。無料にてお見積り致します。

☎:0120-403-911